【ご挨拶】新年のご挨拶

2020/01/06

新年明けましておめでとうございます。
旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。
本年も引き続きのご指導とご鞭撻をお願い致します。

年始にあたり、代表理事 相馬 誠より新年のご挨拶を申し上げます。
----------
 明けましておめでとうございます。
 皆様におかれましては、希望に満ちた新年をお迎えのことと、心からお慶び申し上げます。
 日頃の弊組合への格別なるご支援、ご協力に厚く御礼申し上げます。
 昨年は4月より新在留資格特定技能がスタートし弊組合も登録支援機関の取り組みを開始しました。特定技能の運用が軌道に乗るにはまだ時間がかかりそうですが、検討の結果引き続き技能実習制度を活用される企業様も多くいらっしゃいます。組合でも企業様それぞれに合った制度活用をしていただけるよう、本年もスタッフ一同より一層精進して参ります。
 2020年の干支は「庚子(かのえ・ね)」です。「庚子」は陰陽五行で互いを高めあう“相生”という関係であり“新しいことを始めるには適した年”だと言われています。本年7月には東京オリンピック・パラリンピックも控え、昨年のラグビーワールドカップに続き世界的なスポーツイベントが相次いで開催されることで大きな経済効果が見込まれます。この上昇気流に乗り、技能実習生・特定技能者、組合員企業様、そして弊組合が共に成長し、発展を遂げることができればと思っております。
 本年も変わらぬお引き立ての程よろしくお願い申し上げると共に、皆様のご健勝とご発展をお祈り申し上げます。

2020年元旦
国際産業基盤整備事業協同組合
代表理事 相馬 誠
----------