• トップ
  • 外国人技能実習制度について

外国人技能実習制度について

外国人技能実習制度とは

外国人技能実習制度は、我が国で培われた技能、技術又は知識の開発途上地域等への移転を図り、当該開発途上地域等の経済発展を担う「人づくり」に寄与することを目的として創設された制度です。 一般的に受け入れ可能職種に該当する企業様は、当組合のような監理団体を通じて技能実習生を受け入れる事が出来ます。実習生は、実習実施者(受入れ企業様)と雇用関係を結び、実践的な能力を高めるために3年間の技能実習に入ります。

受け入れの仕組み

技能実習生の特徴

素直で真面目、若く物覚えも早いことが特長です。 彼らは何事にも真摯に取り組みます。 そんな実習生の姿は、同年代の若い社員にとって発奮材料になるだけでなく、ベテラン社員にも「自分の若い頃の日本人を見ているようで、一緒に働くのが楽しい!」などと、よい影響を与えます。 彼らの多くは、御社で技術を習得して未来につなげたい一心で実習に打ち込み、成果を上げ、受け入れた企業様から高評価を得ております。

受け入れ人数枠について

  旧制度 新制度(現行)
基本人数枠 優良企業適合者
常勤職員数 受け入れ枠(年間) 常勤職員の5% 常勤職員の10%
301人以上 常勤職員の5% 常勤職員の5% 常勤職員の10%
201人以上300人以下 15人 15人 30人
101人以上200人以下 10人 10人 20人
51人以上100人以下 6人 6人 12人
41人以上50人以下 3人 5人 10人
31人以上40人以下 3人 4人 8人
30人以下 3人 3人 6人
外国人技能実習制度では、常勤職員数により1年間で受け入れることのできる技能実習生の受け入れ人数枠が決まっています。 例えば、現行制度で見ますと、常勤職員数50人以下の企業様が受け入れ人数枠3人を毎年受入れた場合です。 実習期間は3年ですので、受け入れを開始して1年目は3人、2年目は6人、3年目には9人となり、3年目以降は最大9人の技能実習生が企業様で活躍することが可能です。 4年目には1年目に入った技能実習生が実習期間3年を終え、帰国します。(新制度では優良企業、優良監理団体に適合した場合は5年への延長が可能となります。) 技能実習生の受け入れは、受け入れをサポートする監理団体(組合)選びが非常に重要であり、企業様にとっても実習生にとっても大きな意味合いを持ちます。

入国から帰国までの3年間(5年間)


(※1)2019年9月6日付技能実習法施行規則改正により一時帰国要件が緩和され、「第3号技能実習を開始する前に1ヶ月以上」もしくは「第3号技能実習開始後1年以内に出国し、1ヶ月以上1年未満」より選択可能となりました。
1年目 将来の母国を背負って立つ選ばれた若者達が、日本語及び日本での生活マナー等の講習を経て、現場実習に入ります。
2年目 技能検定基礎級に合格した実習生は、引き続きより一層の技能・日本語力の向上に努めます。
3年目 仕事も日本語力にも自信がつき、企業様との人間関係を深めながら、さらに高いレベルを目指します。
4年目 技能検定3級相当に合格し、日本での技能・日本語力向上を目指す実習生は、上記一時帰国を組み込んだ上で2年の実習延長が可能です。
※実習実施者、監理団体への条件のクリア及び外国人技能実習機構からの優良認定が必要
5年目 技能・日本語力において自他共に認められる存在となります。 母国にて活躍する未来を持ち、帰国します。