受け入れ先企業様の声

鋳造職種(栃木県)

以前外国人雇用で苦労した経験があり「しっかりサポートしてもらえる組合」から受け入れることが重要と考えていました。「現地面接」「入国までの日本語教育」「申請に必要な書類の作成」等、多岐に渡る準備も滞りなく進み、無事入国・配属に至りました。「寮の準備」「役所への手続き」や「実習生への指導」をはじめとした、実習開始後のサポートも満足しています。
 

溶接職種(千葉県) 

はじめての受け入れで何もわからない中からのスタートでした。やはり言葉や文化の壁の不安も大きかったですが、まずベトナムに面接に行って、彼等の取り組む姿勢を見て心を動かされました。来日までの期間が待ち遠しかったですね。3人受け入れましたが、3人とも明るく一生懸命で、職場や来社される取引先の方からも高い評価をいただいています。社内に活気がでますね。

 

惣菜製造業職種(埼玉県)

最初に実習生の受け入れを検討した際、大変だったのは社員の説得です。「ベトナムから実習生を入れようと思う」と言ったら、ほとんどの社員が『私の部署にはいれないで欲しい』という感じでした。現場の人間としては、仕事が思うように進まなくなると思いますよね。しかし配属後は一変、実習生の真面目な姿勢を見て、社員たちも一ヶ月ぐらい経った時には『この人たち、すごい』という思いに変わったようです。

 

塗装職種(千葉県)

休み時間に積極的に社員と日本語で話したり、休みの日には社員のサッカーチームに一緒に参加したりして、日本人とのコミュニケーションをはかってます。意欲が高いので、日本語の上達も早いですね。1年過ぎた頃には日本語もペラペラになりましたね。毎月の組合の定期訪問での1分間スピーチも楽しみにしています。

 

溶接職種(東京都)

国を離れ、家族の元を離れ、たった一人で日本へ。相当の覚悟で来た彼らは、意気込みやハングリーさが違い、社員のいい刺激になっています。社内に明るい良い空気を運んでくれましたし、よく頑張ってくれています。日本語は配属までの講習で最低限は覚えてきてくれていますし、一年も経てば理解して話せるようになっています。いい人材とは、学歴、国籍など一切関係ありません。最近の日本人の若者よりも優秀かもしれません。